カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
  • ホーム
  • 「使い易さ」を携帯する。

「使い易さ」を携帯する。

携帯性に加えて「使い易さ」という利便性についてもとことん考え抜きました。
試行を重ねたデザインと徹底した仕上げを施すことで、それは大幅に向上!

1、心地よい引き抜き
「への字フォルム」

への字を形成するサイドフォルムの画像

この靴べらのサイドフォルムは「への字」に曲げてあり、靴べらを引き抜く際に
持ち手が滑りにくく、より少ない力で靴べらを引き抜くことができます。

靴べらを握る親指が足首に当たらない画像

また「への字」のフォルムに曲げることで、持ち手が足に当たりにくくなり、
ズボンやソックスの生地と親指の関節がこすれてしまうのを軽減します。

2、自慢の手仕事
「先丸仕上げ」

靴べら掌のヘラ先の丸みを拡大した画像

ヘラの先端は、木のササクレが発生しないよう、ふんわり丸く磨き上げています。
ソックスやストッキングが伝線しないよう配慮した自慢の「先丸仕上げ」です。

スニーカーを靴べら掌で履いているシーンの画像

この「先丸仕上げ」、アンダーウェアに優しいのはもちろんのこと、
スニーカーのかかとの繊維の引っ掛かりもしっかり防止します。

3、食い込みを防ぐ
「テーパー面取り」

靴べらのサイドテーパーを強調して撮影した画像

靴を履く際に、かかとの革に最も力が加わるのが、ヘラの最大幅部分。

この靴べらは、ヘラの幅が広がるにつれ角の丸みがだんだん大きくなり、
靴のかかとに力が強くかかる部分ほどヘラの角が滑らかになっています。

新旧バージョンの断面を並べた画像

ヘラの幅が最も広くなる部分でカットした断面を、新旧バージョンで比べてみました。

ヘラの最大幅付近でカットした断面を拡大し、新旧バージョンで比較した画像

上の画像の矢印の部分は、靴のかかとに最も力がかかる部分です。

旧バージョンに比べて、新バージョンはより滑らかな丸みになっていて、
食い込みが軽減され、靴のかかとへの当たりがより優しくなりました。

4、歩き疲れたら
「ツボ押し機能」

靴べらのヘラの先で手のひらのツボを刺激している画像

この靴べらを画像のように握ると、ヘラの先端が1〜2cmほど手の掌から出ます。
ヘラ先には、滑らかな「先丸仕上げ」を施していますので、疲れた部分のツボを押すと、
心地よい刺激を与えることができます。

*ツボ押しの刺激に対する感じ方は、個人差がありますので、実施の際はご注意ください。

公園でスーツ姿の男性が靴を脱いで、足の裏を靴べらでマッサージしているシーンの画像

本来の靴べらの使い易さとは関係のない機能ですが、「疲れた〜」と感じたときに、
ぜひ試していただきたい機能です!