カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
  • ホーム
  • 手間を掛ける、技が活きる。

手間を掛ける、
技を活かす。

 

1、「人」が担う高精度

ピンクアイボリーを旋盤加工している画像

ピンクアイボリーのピンを、「旋盤」で加工している画像です。年季の入った機械
ではありますが、それでも「0.01ミリ=10ミクロン」単位の精度で加工しています。

また金属と異なり、木材は組成が均一でなく、加工物それぞれで「クセ」があります。
この「クセ」に合わせて、削り具合を「眼」で確かめながら、刃物を送るスピードを
微調整しています。送りが早すぎればビビる!遅すぎれば焦げる!人間の感覚が一番!

2、あえて「1ダース」の
非効率

作業一回分の一ダースの部材の画像

木材は外気と同調し、「温度、湿度」の変化により寸法が変化しやすい素材です。
しかし、たとえ「温度、湿度」が一定でも、加工して形状が変わると「内部応力」
という木材自体の力により、加工後の形状が徐々に変化してきます。

この靴べらの場合は、コクタンに開けた穴と、ピンクアイボリーのピンの外周が、
次第に「真円」から「楕円」に狂ってきます。いくら高精度の加工を施しても、
時間が経ってしまえば、コクタンとピンクアイボリーの接合部に、大きな隙間が
できてしまいます。

そこで、今まで効率優先のために行ってきた「100個」単位での各部材の加工を、
わずか「1ダース:12個」だけに限定し、変形する前に一気に接合まで行います。
少しでも隙間のない接合部を実現するための、「非効率」の選択です。

*天然素材ゆえ、コクタンとピンクアイボリーの接合部には、
わずかな隙間や段差が発生する可能性がありますが、使用には
何ら問題はございません。何卒ご了承ください。

3、手が覚える
「磨き」の技

「これのどこが技なの?」と、動画をご覧の方は、きっと思われたでしょう。
ただ手が前後に動いているだけに見えますが、実はこれが「職人技」なのです。

この単純な動作の中には、多数の「チェック項目」が隠されています。例として
割れの感触はないか、曲面に歪はないか、端はダレていないか、目詰まりはないかetc
この多数のチェックを、削りながら「手」そのものが、ほぼ無意識に行っています。
いわば「手が仕事を覚えている」状態で、もはや「頭」はあまり働いていません。
数えきれない作業の繰り返しに耐え抜いた「プロ職人」だけが会得できる技です。

この靴べらをお手にした際には、その「キリッ」とした木肌に、無意識の職人技を
実感していただけると自負しています。

4、七たび磨いて
お手元へ

使用している研磨用品を7種類並べた画像

「携帯曲木靴べら 掌Shou」の表面は、7種の異なった粗さの研磨材で磨いています。

通常は5種の研磨材があれば十分に仕上げることが可能ですが、「コクタン」の場合、
木材の色が濃く、「削り過ぎ」や「不要な傷」が目立ちやすく、美観が損なわれます。

そこで私たちは、さらに2種を加え7種とし、「磨き」の作業をより細分化。例えば、
180番は平面の荒仕上げ、240番はその傷の除去、220番は角の丸めだけに使用、など。

必要ない部分に研磨材が当たるのを防ぎ、「削り過ぎ」や「不要な傷」を抑え、
「よりスッキリ、よりシャープ」な仕上がりを目指し、手間を重ねています。