カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
  • ホーム
  • あなたが育てる「極上の艶」

あなたが育てる
「極上の艶」

私は長い間ずっと「銘木」といっしょに仕事をしてきましたが、
ずっと「木目や色の美しさ」といった目立つ特徴ばかりに気を取られ、
「木肌」そのものには意識が向いていなかったように思います。

ある時「蜜蝋ワックス」を試したところ、ナチュラルで上品な艶を得て、
銘木自身に秘められた「木肌の艶」の美しさにすっかり魅了されました。

このページでは、その「木肌」の魅力について書かせていただきます。

1、ミツバチからの贈り物、
蜜蝋ワックス

ミツバチとその巣の画像

蜜蝋:ミツロウは、働き蜂が分泌した液体で作られた蜂の巣を精製したもので、
古くは古代エジプト王朝やローマ帝国でも、キャンドルやハンドクリームの
などの原料として使用されていました。

当工房で使用している蜜蝋ワックスは、蜜蝋と植物油を組み合わせたもので、
シックハウス症候群の原因となる「有機溶剤」を一切含まず、100%天然素材
のみで作られた安全安心の自然塗料です。「木」も自然なら「塗料」も自然。

靴べら掌に蜜蝋ワックスを塗りこんでいるシーンの画像

蜜蝋ワックス塗料は、塗膜をほとんど形成しない塗料です。合成塗料のような
耐水性のある丈夫で厚い塗膜を形成することは出来ません。

水に濡れた手で取り扱ってしまうと「シミ」となり跡が残ることもあります。
べンジンや除光液、お酒やクリーナーに含まれるアルコールなども苦手です。
紫外線を防ぐ成分も入っておらず、時間経過と共に木肌も「日焼け」します。

しかし「蜜蝋ワックス塗料」は、「木の素材感」をまったく損ないません。
握ったその手に触れる感触は「木肌」そのものの感触なのです。

       

2、ご愛用こそ「最終仕上げ」

靴べらを使うことで、その表面は「手の皮膚、靴下や服の生地、靴の革」により
何度も摩擦が繰り返され、木材表面は極めて細かい「研磨剤」で磨かれることと
同様の状態となり、表面はどんどんきれいになってきます。

また手肌の微量の皮脂は、木材と触れるうちに徐々表面からしみ込んでいきます。
その浸透した皮脂は、木材にとって最高の「保護艶出し剤」の役目をします。

このふたつの現象により、靴べらの表面には美しい「木の艶」が現れてきます。
ゆっくり時間をかけてこそ可能な艶、つまりこれが「極上の艶」なのです。

お客様の「ご愛用」そのものが、木材にとって「最後の仕上げ」になるのです。

*私たちも、出荷直前に「研磨剤」や「機械によるバフ掛け」を施せば、
木材表面をピカピカにすることは可能ですが、無機質な艶しか出せません。