カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ

運営者の紹介

宮原一暢

店主の顔画像

沿 革

昭和42年
北九州市 折尾生まれ

平成4年
25才で「モノづくり」を目指すことを決意。

平成5年4月
大分県日田市の(有)クラフトハウスヤスマに入社、
代表取締役 安間邦昭先生に師事。

同時に日田産業工芸試験所にて木工研修を受ける。

日本を代表する木工デザイナーである安間邦昭先生より
「クラフトは芸術である」との言葉をいただく。

同社在籍10年間で木工クラフトマンに必要な
「心構え」と「技術」を学ぶ。

平成15年12月
同社 退社

平成16年4月
「ウッドクラフトかづ」創業

平成25年4月
「木の靴べら専門店 kirafté キラフテ」オープン



モノづくりのきっかけ
幼稚園児の頃にテレビ放映されていた「サンダーバード」。
このプラモデルを作ったとき、形になるおもしろさを知る。

「木」と出会い
6歳、使用済みの「かまぼこ板」で小さな椅子を製作、
切る、削る、釘を打つ・・・木材の自在な変化に感動。

今までの人生で特にハマッた趣味
プラモデル(特にプロペラ飛行機)
漫画を書く(小学生、漫画家目指してました)
モデルガン(部屋が火薬の煙でかすむ…)
ブルースリー(中学生、親指腕立てに挑戦)
弓道(高校)、アーチェリー(大学)
自転車ツーリング(しまなみ海道、沖縄本島、宮古島など)

店主の願い
私たちの靴べらの作り方は手仕事中心のとてもレトロなもの。
大量生産できないので、お届け出来る数量も限られます。

でも私たちの靴べらを、お手にとって、お使いいただいた時に、
「なるほど、これが手仕事の仕上がりなんだ!」
と思っていただければ、職人として最高にうれしいことです。