カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
  • ホーム
  • 銘木紹介「グラナディラ」
グラナディラの板材と角材の画像

グラナディラ
:Grenadilla

グラナディラの木目の画像
  • 原産地 アフリカ
  • マメ科
  • 比重 約1.2
  • 中南米の「リグナムバイタ」と並んで世界で最も硬い木材のひとつ。
    表面は極めて硬く、その切断や加工には金属加工用が使用される。
  • 「曲げヤング率」、「曲げ強さ」は「リグナムバイタ」より優れている。
    比重が非常に大きく、完全乾燥の状態で水(比重1.0)に沈む。
  • 木肌はやや紫色を帯びた黒色で、磨くと深みのある美しいつやが出る。
  • いったん乾燥すると水分をほとんど吸わず、木管楽器に使用した場合、
    吐く息の水分による膨張がなく、長時間の演奏でも音色が変わらない。
    クラリネットやオーボエなどの木管楽器の管体の素材で最高とされる。
グラナディラを管体に使用しているオーボエの画像
グラナディアの板材を抱えているシーンの画像

グラナディラの板材です。

見た目は「コクタン」によく似ているので、「アフリカ黒檀」の名で流通していますが、
種類は「ローズウッド:紫檀」の仲間で、コクタンよりやや紫色がかった黒色です。

残念ながら2017年より「ワシントン条約 附属書II」 に掲載されており、商業利用は
何ら問題ないものの、輸出入には事前に承認・許可が必要になりました。

ただし規制は「輸出入」に関してのものであり、「海外に持ち出す」または
「海外から取り寄せる」場合にのみ許可が必要ということであります。
日本国内での「販売、流通、所持」には許可は一切不用です。

グラナディラの販売証明書の画像

当工房が使用している「グラナディラ」は2010年に正規に購入しております。
お客様には、この貴重な銘木を「永きにわたりご愛用頂ける靴べら」として
お届けできるよう全力で製作に挑むことをお約束いたします。