SSL GMOグローバルサインのサイトシール
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
  • ホーム
  • ラパ・ヌイの守り神「モアイ Moai」

ラパ・ヌイの守り神
「モアイ Moai」

mo = 「未来」の意味、
ai = 「生きる」の意味、
moai = 「未来を生きる」

イースター島のモアイ像の実物の画像

南米チリから西方約4,000キロ彼方の太平洋上、
「イースター島」の名で知られる絶海の孤島「ラパ・ヌイ」。

イースター島の地図の画像

日本の小豆島ほどの小さなその島に、最大90トン
にも達する巨大な石像が約1千体も造られたという。

イースター島でモアイ像が四体並んでいる画像

この石像は「モアイ」と呼ばれているが、ラパ・ヌイの文明は深刻な環境破壊と
部族紛争により文明が消滅してしまい、モアイの真の意味は未だ解かっていない。

モアイ像が多数横並びしている画像

だがモアイ像が「アフ」と呼ばれる石の祭壇に祭られていたため、
部族の祖先を守る「守護神」であった…ともいわれている。

モアイ像が夕焼けに染まっている画像

やがてモアイ像の役目が伝承から消え去り、「過去」を失った今もなお
数百年の風雨に耐え続け、「ラパ・ヌイ」の地にそびえ立つその姿は、
まさに「moai = 未来を生きる」の意味そのものを体現しているのである。