カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
  • ホーム
  • 銘木紹介「ピンクアイボリー」
ピンクアイボリーの画像

ピンクアイボリー
:Pink ivory

ピンクアイボリーの木目の画像
  • 原産地 南部アフリカ
  • クロウメモドキ科
  • 比重 約1.0
  • 木肌は、木材とは思えないほどの鮮やかなピンク色を呈する。
    表面はきめ細かな肌触りを持ち、「象牙」の感触に喩えられる。
  • 以上の特徴から「ピンクの象牙=Pinkivory」と名付けられた。
    希少価値が非常に高く「木のダイヤモンド」と称される。
  • 美しいピンク色は丸太の芯に近づくにつれ鮮烈さを増す。
    表面は緻密で極めて硬く、かつ弾力に富み丈夫である。
ピンクアイボリーの板材

ピンクアイボリーの板材です。
製材してから十数年経過しており、しっかり乾燥させてありますが、
それでもずっしりと重く、この板一枚で20kg以上あります。

ピンクアイボリーの断面

この板材の断面の画像です。
中心部分になるほどピンク色になっています。逆に言うと「中心部分のみがピンク色」 ということです。
「ピンクアイボリー材」の希少性と難しさがここにあります。